DTPテクニック

Wordで表紙に社名ロゴを入れたい

今回は、当社の「Wordテンプレート」標準プランをご購入いただいたお客さまへ向けた、表紙ロゴの差し替え方法の説明になります。
 
マニュアル作成に最適な「Wordテンプレート」標準プランはこちら→http://dtp.k-tecs.co.jp/word-template/
 

作業ができない場合は、カスタマイズプランとしてロゴデータ挿入作業を承りますので、お問い合わせください。

 

ロゴデータの変換

当社が提供する「Wordテンプレート」の表紙には背景にデザインが適用されています。

この上にロゴを配置するためには、ロゴの背景が透明である必要があります。

 

すでにロゴの背景が透明になっているEMFやPNGなどのデータをお持ちの場合は、「Wordに配置する」へ進んでください。

 

ここではAIやEPSなど、Illustratorで編集できるベクターデータを背景が透明なEMFやPNGに変換する方法を説明します。

 

まず、EMFやPNGとは何か、そして、そのメリット、デメリットについて知っておきましょう。

 

technic021

 

上記の特徴から、以下の手順で様子を見ることをお勧めします。

  • まずはEMFで書き出してWordに挿入し、ロゴの形が正しく再現できているかしっかりと確認する
  • EMFではガタつきや欠けなどの不具合が生じる場合は、PNGで書き出す

 

EMFで書き出す

  1. IllustratorでAIまたはEPS形式のロゴデータを開く
  2. 色の変更や不要な情報の削除はあらかじめしておく
  3. 「ファイル」→「書き出し」を選択する
  4. ファイルの種類を「Enhanced Metafile (*.EMF)」に設定して「書き出し」をクリックする

 

PNGで書き出す

  1. IllustratorでAIまたはEPS形式のロゴデータを開く
  2. 色の変更や不要な情報の削除はあらかじめしておく
  3. 「ファイル」→「書き出し」を選択する
  4. ファイルの種類を「PNG (*.PNG)」に設定して「書き出し」をクリックする
  5. 解像度を「高解像度(300 ppi)」、背景色を「透明」に設定して「OK」をクリックする

 

technic007

 

Wordに配置する

当社の「Wordテンプレート」の表紙のデザインやロゴは、「ヘッダー」に挿入しています。
作業者が編集中に誤って動かしたり、削除したりしないようにするためです。

それでは、具体的なWordへの配置方法について説明します。
EMFでもPNGでも手順は同じです。

 

ロゴの挿入

  1. 表紙ロゴを挿入したいWordファイルを開く
  2. 「挿入」→「ヘッダー」→「ヘッダーの編集」を選択する
     
    technic008
  3.  

  4. 表紙ページのヘッダーのいちばん上の段落にカーソルを置く
  5. 「挿入」→「図」クリックし、挿入するロゴデータを選択する
  6.  

    technic006

     

    ロゴデータが挿入される

     

    technic009

 

ロゴのサイズと配置の調整

  1. ロゴを選択した状態で右クリックし、「サイズ」パネルでサイズを調整する
  2. ※縦横の比率を変更しないよう、注意してください。
    ※サイズは社内規定に従ってください。

     

    technic010

     

  3. ロゴを選択した状態で右クリックし、「文字列の折り返し」→「前面」を選択する
  4.  

    technic011

     

  5. ロゴを選択した状態で右クリックし、「レイアウトの詳細設定」→「位置」タブを選択する
  6.  

    technic012

     

  7. 水平方向の「右方向の距離」と垂直方向の「下方向の距離」をそれぞれ入力し、基準をどちらも「ページ」にして「OK」をクリックする
  8. ※配置位置は社内規定に従ってください。

     

    technic013

     

    指定した位置にロゴが配置される
     

    technic014

     

  9. 「ヘッダー/フッターツール」タブを選択し、「ヘッダーとフッターを閉じる」をクリックする
  10.  

    technic015



Tec Communications

Copyright © 2014 Tec Communications Co., Ltd.  All Rights Reserved.