XML活用講座

ExcelからXMLに変換する





概要

今回は、ExcelファイルをXMLに変換する方法を説明します。また、Excelファイルだけでなく、CSV(カンマ区切りテキスト)やTSV(タブ区切りテキスト)からの変換方法もご紹介します。
CSVやTSVの他にも、Microsoft Access、MySQL、PostgreSQLなどのデータベースからも「CSVエクスポート機能」などを使ってデータを書き出せば、XMLに変換できます。
データをXML化してしまえば、Webサイトで「商品一覧」や「商品明細」として表示させるプログラムの自動作成や、「商品カタログ」用のPDFや印刷データの自動組版処理に利用できます。例えば当社では、Excelから変換したXMLデータを翻訳し、多言語の商品カタログを制作するなど、数多くの事例があります。

 

Microsoft Excel (CSV・TSV)からの変換

Wordだけでなく、Excelからもツールを利用してXMLに変換できます。

しかし、Excelから直接XMLに変換できるソフトウエアはあまり多くありません。
当社でもExcelデータ(*.xlsx)をXMLに変換するツールを独自に開発していますが、変換速度や安定性を考慮し、用途に応じてサードパーティー製のソフトウエアを併用することがあります。

その場合は、「Excel2XML」といったキーワードよりも「CSV2XML」などでインターネットサイトを検索した方が、多くのソフトウエアが見つかります。
ExcelファイルをExcelで開いて「CSV形式」や「TSV形式(UNICODEテキスト)」で別名保存した後、そのデータを変換する流れとなります。

特に多言語のExcelファイルを扱いたい場合は「CSV形式」よりも「TSV形式」をお勧めします。日本語版Excelの場合、「CSV形式」で保存すると文字コードが「Shift_JIS」となってしまい、多言語の文字列が正しく書き出せないからです。「TSV形式」で保存すると文字コードが「UTF-16」となるため、多言語のデータであっても元データとして扱えるようになります。

!Note
「CSV」 とは“comma-separated values”の略で、カンマ(,)でデータを区切った形式のテキストファイルです。
「TSV」 とは“tab-separated values”の略で、タブ記号でデータを区切った形式のテキストファイルです。
文字コードについては、「CSVがShift_JIS」 「TSVがUNICODE」という決まりはなく、Microsoft Excelの保存機能の仕様によるものです。

 

変換イメージ

元データ(Excel)のイメージ

1行1列目のデータ 1行2列目のデータ
2行1列目のデータ 2行2列目のデータ

 

XML化したイメージ

Excelシート・CSV1ファイル・TSV1ファイルを1つの元データの単位として、ほとんどの場合は「ルート」「行」「セル」の3階層から成る単純なXMLとなります。

	

    
        
            1行1列目のデータ
        
        
            1行2列目のデータ
        
    
    
        
            2行1列目のデータ
        
        
            2行2列目のデータ
        
    

 

CSV2XMLスクリプトのサンプル

簡単なVBスクリプトのサンプルは、以下のとおりです。

メモ帳などのエディタに下記のソースコードをコピーして、「csv2xml.vbs」などのファイル名で保存します。
このScriptファイルの6行目には「変換したいCSVファイル」を設定してください。7行目には「変換後のXMLファイル」を指定してください。
このScriptファイルをダブルクリック等で実行すれば変換処理が行われます。

Dim FSO, wShell, dPath, rPath, wPath

Set wShell = CreateObject("WScript.Shell")
Set FSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")

rPath = "C:\input.csv"
wPath = "C:\output.xml"
Set ReadFile = FSO.OpenTextFile(rPath, 1, true)
Set WriteFile = FSO.OpenTextFile(wPath, 2, True)

Dim arr, arrHead

wStr = ""
rStr = ReadFile.ReadLine
arrHead = Split(rStr, ",")

wStr = wStr & ""
WriteFile.WriteLine(wStr)

Do While ReadFile.AtEndOfStream <> True
	rStr = ReadFile.ReadLine
	arr = Split(rStr, ",")
	wStr = ""
	If UBound(arr) > -1 Then
		wStr = wStr & vbTab & ""
		wStr = wStr & vbNewLine
		For i = 0 to UBound(arr)
			If i < UBOUND(arrHead) +1 Then
				wStr = wStr & vbTab & vbTab & "<" & arrHead(i) & ">"
				wStr = wStr & arr(i)
				wStr = wStr & ""
				wStr = wStr & vbNewLine
			End If
		Next
		wStr = wStr & vbTab & ""
		WriteFile.WriteLine(wStr)
		wStr = ""
	End If
Loop

wStr = wStr & ""
WriteFile.WriteLine(wStr)

ReadFile.Close()
WriteFile.Close()



Set wShell = Nothing
Set FSO = Nothing

とても簡単なスクリプトなので、セル内でクォーテーション(”)や改行を含むデータを正しく処理できない場合があります。また、1行目をヘッダー行として扱うため、1行目の各セルの内容がXMLの要素名として使えない場合(数字始まりや、「&」記号が含まれるなど)、XMLとして扱えないデータが出力されることがあります。

 

!Note
ご利用結果については当社は一切責任を負わないものとします。

 



Tec Communications

Copyright © 2014 Tec Communications Co., Ltd.  All Rights Reserved.