Excel関数 VLOOKUPの使い方 | DTPサポートサービス

XML活用講座

Excel関数 VLOOKUPの使い方





Microsoft Excelでよく使われるVLOOKUP関数の使い方について紹介します。

 

VLOOKUP関数

Excel内の特定の表(エリア・範囲)から検索して条件にあった行の情報を自動で入力する関数です。

VLOOKUPサンプル

 

ダウンロード

サンプルファイルをダウンロードできます。

ダウンロードはこちら

 

解説

【1】の表は品名と価格のプレーンな一覧表です。【2】の表はVLOOKUP関数を入力した表です。
 
E4セルに記載した関数は次のとおりです。
 
  =VLOOKUP(D4,A4:B8,2,FALSE)
 
D4セルに(りんご)と入力すると、 A4:B8(【1】の表)の左端列から検索して、条件にあった行の左から2列目(価格)の値を取得します。
 
完全に一致する値だけを検索するために、最後にFALSEと入力します。
 

ポイント

VLOOKUPでは2番目の引数(上に記載した関数のA4:B8)で範囲を指定しますが、「範囲全体を検索する」 と思えてしまうところが注意点です。
実際には選択した範囲の左端列しか検索しません。

ですので検索したい表をExcel内に準備したとき、左端の1列目が検索キーワード列になるように列順を設定するのがポイントになります。



ページTOPへ